<< 脂肪について | main | 第4条 自分の適正エネルギーを知る。 >>

たんぱく質

2010.11.16 Tuesday
0
    たんぱく質は、エネルギー源(1gで4キロカロリー)にもなりますが、平常時にはエネルギー源より、筋肉・内臓・血液などの細胞や、ホルモン、酵素、遺伝子、免疫抗体などの構成成分として利用されます。

    たんぱく質とは、アミノ酸が多数結合して出来た高分子化合物のことで、アミノ酸の種類や量、配列順序などによって、たんぱく質の形状や性質、働きは異なり、人体は約10万種類ものたんぱく質で出来ています。

    自然界には数百のアミノ酸が存在していますが、たんぱく質を構成するアミノ酸は20種類だけです。

    このうち9種類のアミノ酸(イソロイシン、ロイシ ン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジン)は体内で合成されないので食品から取る必要があります。こ れらを必須アミノ酸と呼びます。

    【供給源】: 供給源は、肉、魚介類、卵、乳、大豆と大豆製品、ご飯、パン、麺類、野菜類。 良質のたんぱく質は、肉や魚など、動物性の食品と大豆に多く含まれています。

    【取り過ぎると】: 取り過ぎると、腎臓に負担をかけることになります。
    【不足すると】: 不足すると、体力や免疫力が低下します。そのほか、血管が弱くなり、脳卒中の危険性が高まります。

    【1日の摂取量】: 1日の摂取量としては、標準体重×1.0〜1.2gが必要とされており、成人男性で60g、成人女性で50gが必要とされています
    ダイエットcomments(0)trackbacks(0)|-|-|by モグラ先生
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
     

    ページの先頭へ