<< 日常の工夫で消費エネルギーをアップ! | main | 朝食は食べない >>

食事の正しい食べ方

2010.11.05 Friday
0
    かっての食生活のテーマは「なにを、どのくらいたべるか」でしたが、
    今は同じ食品でも食べ方によって生体への影響が違うことが明らかに
    されてきました。つまり「どのように食べるか」を考える必要がでて
    きました。
    これについて4回にわけて書きます。

    (1)食事回数
    食事の回数が減少するほど飢餓状態が長くなり、まとめ食いを
    助長することになります。まとめ食いは体脂肪の合成を助長します。
    また朝食抜きは脳・神経系、腎臓などグルコースを主たる
    エネルギー源とする器官のエネルギー供給を低下させることになります。
    これらのことで午前中の作業能力に影響がでてきます。
     食事の回数が減少すると、ビタミンやミネラルなど微量栄養素が
    十分摂取できなくなる危険性もあります。
                 (日本医師会雑誌から)

    簡単に言いますと食事は一日に3回食べましょうということです。
    ダイエットcomments(0)trackbacks(0)|-|-|by
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
     

    プロフィール サイト内検索
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    新しい記事 アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
    qrcode
    Others ムームードメイン
        

    ページの先頭へ