<< 有酸素運動(エアロビクス)について | main | ウォーキング実践法 >>

ウォーキングの効果

2010.11.01 Monday
0
     ウォーキングは、酸素を十分に取り込む有酸素運動なので、
    内蔵についた脂肪や皮下脂肪を効率よく燃やす効果があります。
    それで肥満やストレスを解消したり、近年注目されている骨粗鬆症の
    予防や改善に効果があるということがわかっています。

     ウォーキングを継続して筋力を維持できる体になると、
    運動しない人に比べて基礎代謝エネルギーが増え、太りにくい体に
    なります。体が軽くなれば動きやすくなり、さらに運動したくなる
    という好循環が生まれます。

     最近では、社会の変化によって精神的な疲労が増えてきました。
    疲労解消に、食べ過ぎ飲み過ぎ、家でゴロゴロということが少なく
    ありません。

     こうした問題の解消にもウォーキングは最適です。ウォーキングに
    熱中することによりストレスを忘れ、適度な肉体疲労が睡眠を十分な
    ものにします。

    ウォーキング中の会話や、いろいろな人との出会い、
    発見は、ウォーキングをさらに楽しいものにし、長続きさせる要因の
    1つでもあります。
    ダイエットcomments(0)trackbacks(0)|-|-|by
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
     

    プロフィール サイト内検索
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    新しい記事 アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
    qrcode
    Others ムームードメイン
        

    ページの先頭へ