<< 健康を保つための食事一日30食品を目標に | main | 「健康づくりのための食生活指針」 >>

健康を保つための食事一日30食品を目標に(2)

2010.10.29 Friday
0
    毎日ですと、内容的に文章の量が多いものは、それを咀嚼するのに
    時間がかかると思いますので、週に何回か書いて行こうと思います。
    今日は前回の続きです。
    -----------------------------------------------------------------------------------
    食品の組み合わせ、すなわち、栄養素バランスが大切だといっても、
    特別に栄養学など難しい知識はいりません。ほとんどの人が、
    毎日の献立つくりで実行していることを、ちよっと意識的にするだけで
    よいのてす。

    体に必要な栄養素を含む食品は、ご覧のように6つのグループがあります。

    第1のグループは、肉、魚、卵、大豆製品です。これらの食品は、
    良質たん白質の給源となるもので、毎日の食事て主菜となるものです。
    たん白質以外にも脂肪、ミネラル、ビタミンの給源としても、
    大きな役割を果します。

    第2のグループは、乳製品、小魚、海藻などです.これらの食品は、
    ミネラル、特にカルシウムの給源として重要です。

    第3のグループはほうれん草、人参、かぼちゃなど、緑色や黄色の
    濃い色を持つ野菜で、緑黄色野菜といいます。主として体内で
    ビタミン Aの働きをするカロチンの給源としても大きな役割を果たします。

    第4のグループは、野菜のうち色の薄い淡色野菜をいい、大根、白菜、
    キャベツ、きゅうりなどのことで、ビタミンCが豊富です。これには、
    りんご、みかん、いちご、ぶどうなどの果物も含みます。

    第5のグループは、ふつう主食と呼ぶご飯、パン、めん類、芋類などで、
    エネルギー源となる糖質が主成分です。

    第6のグルーブは、バター、マーガリン、サラダ油などの油類のことで
    マヨネーズ、ドレッシングもこの分野に入ります。

    以上の6つのグループがらもれなく毎日2つ以上の食品を献立に組み入れて
    いけば栄養素のバランスがとれます。皆さんの食生活はどうでしょうか。

    どのグループがらも満遍なくとることを分りやすく献立として展開したのが、「主食、主菜、副菜をそろえて」という考え方です。常日頃、家庭の
    食事ではこのような例が多いと思われますが、このように3つを区別すれば、栄養素のバランスが一層分かりやすくなります。

    ではここで、食品数を増やす工夫についてみてみましょう。

    まず、いまの食生活をチェックしてみましょう。先程の6つのグループを
    思い出し、不足しているものや、とり過ぎているものなどを点検し、
    明日からの食生活の中で直していきましょう。

    出勤前、時間がないとか、女性ではやせたいなどといった理由で
    朝食をとらない人もあるようですが、1食でも抜くと食品数がそれだけ
    減ってしまいます。食事は3食しっかりととりましょう。

    市販の加工食品などを利用するときには、家で少し手を加えるとか、
    煮物やサラダなどの1皿を添えましょう.

    食品数を増やすコツの1つに野菜のとり方があります。野菜は季節ごとに
    旬のものがありますので、それを中心にできるだけ多くとりましょう。

    また、和風、洋風、中華風といろいろな調理法をとりまぜると、
    食品数を増やせます。

    いま、子どもだけで食事をとるケースが増え、2割位の家庭で親たちと
    別に食事をしているといわれています。もし、親がいても、テレビや
    新聞を見ながら食べたり、食卓につかず、ほかの事をしていたりといった
    状態では、子どもにとって1人食べと変りありません.

    食事は家族揃ってとり、楽しい話題を交わしながら、みんなのコミュニケーションの場にしたいものです。

    忙しかったり、お付き合いがあって難しいかもしれませんが、せめて
    毎日の朝食や休日の食事は家族揃ってとり、こころのふれあう楽しい
    食生活を送るよう心がけましょう。

    家庭の味や手づくりのこころを大切にして、毎日毎日の献立てを
    いろいろ工夫しましょう。

    手づくりの味は、家族みんなのふれあいが深まり、あたたかい
    家庭づくりにもつながります。

    花を飾ったり、使う食器や盛り付けにも、ちょっとした工夫をしてみましょう。楽しい雰囲気で食事をとるには、食卓での演出にも心配りが大切です。
          
    ダイエットcomments(0)trackbacks(0)|-|-|by
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
     

    プロフィール サイト内検索
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    新しい記事 アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
    qrcode
    Others ムームードメイン
        

    ページの先頭へ