<< 主婦が肥る原因 | main | ダイエットでくじけそうになったら >>

体脂肪と体脂肪率

2017.03.09 Thursday
0
    体脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪とがあります。皮下脂肪は皮膚の
    すぐ下に蓄積される脂肪のことで、例えばお腹の皮膚の下にあって
    摘むことができるのが皮下脂肪です。
    一方、内臓脂肪は腹部などの内臓の周囲、腹筋の内側につく脂肪の
    ことです。内臓脂肪は、女性よりも男性に蓄積しやすく、また加齢に
    よっても蓄積しやすくなります。

    内臓脂肪の特徴と問題
    内臓脂肪は皮下脂肪に比べて脂肪を溜めやすく出し易いという性質が
    あります。「内臓脂肪は付きやすく、落ちやすい」、「皮下脂肪
    は落ちにくい」と言えます。

    皮下脂肪には内臓の保護やエネルギーの貯蓄といった重要な役割が
    あります。その反面、内臓脂肪は身体に重大な悪影響を与える存在です。

    内臓脂肪は腹部の内臓周辺、つまり腸間膜に脂肪が付いてしまった状態
    ですが、その内臓脂肪によって腸間膜の血管から体内に入り込む
    遊離脂肪酸の量が増え、肝臓で処理できる量を越えてしまうと、
    糖尿病や高血圧を引き起こすといわれています。

    胴まわりのサイズが結構あるのにもかかわらず、腹部の皮下脂肪を
    手で摘めないようであれば、内臓脂肪が増加している可能性が高いと
    言えます。

    内臓脂肪は男性に付きやすい
    男性ホルモンの働きには、

    (1)筋肉を増加させる作用
    (2)筋肉を動かすための熱源としての内臓脂肪を増加させる作用
    の2つがあります。

    男性はもともと内臓脂肪が付きやすい体質であると言えます。
    男性のお腹まわりは内臓脂肪が多いため、そして腹筋が多いため、
    通常は女性より太くなります。

    さらに女性と比較してみると、体重に対する筋肉量が女性よりも
    約10%は多いので、その筋肉を動かすための熱源となる内臓脂肪も
    女性よりも多く溜め込む傾向があります。

    ちなみに女性ホルモンの働きには、内臓脂肪よりも皮下脂肪を
    蓄えようとする傾向があります。
    |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by モグラ先生
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
     
        

    ページの先頭へ